スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

x1.17Race(x117Race) 髪型の追加方法 その2

記事作成に慣れていないため、少し区切りながら進めさせて下さい。

では続きの作業を進めます。
作業用Modファイルのフォルダにコピーした髪型ファイルを編集して1.17倍します。
 作業にはNifSkopeを使います。


※なんとなく、アカマイ機能を使わない設定にしています。
アカマイ:記事の表示を早くするが、強制的に広告が入ります。
記事の表示が遅いなどあれば設定を変えることも考えるので、意見を下さい。

また、間違いなど発見されたらコメントをお願い致します。



NifSkopeを起動します。
起動したら、左上のFileからLoadを選択します。
x117addHair2_00.jpg


先の作業の
髪形のファイルを見つけたらそれを作業用Modファイルのフォルダにコピーします。
でコピーした 001_Ponytail.nif を開きます。

E:
┗x117race021
 ┗Data
  ┗Meshes
   ┗characters
    ┗x117
     ┗Pr-ttyCure
      ┗001_Ponytail.nif ←このファイルです。

001_Ponytail.nif を開くと、こんな感じになります。
(NifSkopeのより詳しい操作方法や使い方は、他のサイトなどを参考にして下さい。)

画像にあるように、ツリーを広げましょう。
x117addHair2_01.jpg


ツリーを広げたら、NiTriShapeにカーソルを合わせて、右クリックをします。
そこからTransform > Edit と選択します。
Editをクリックすると、NiTriShape - RenHair:0というウィンドウが開きます。
x117addHair2_02.jpg
開いたウィンドウの下側に、Scaleという項目があるので、
ここに1.1700と入力します。
右側のポリゴンが少し大きくなります。

大きくしたら、Save Asをクリックし、上書き保存して下さい。
x117addHair2_03.jpg


--注釈--
ここでx1.17Raceの頭部に合うようにリサイズをしています。
お好みで、1.18倍する人も居るようです。
--------


これでNifSkopeでの作業は終了です。


次の作業に移ります。
作業用Modファイルのx1.17Race Modをインストールします。
 作業にはObMMを使います。

この時点で、これを読んでいる貴方のOblivionには、既にx1.17Race Modが
インストールされていると思います。

そこに、先ほど作業でScaleを1.17倍したメッシュファイルを持った
x1.17Race Modを新しくインストールします。
便宜上、新しくインストールする方のx1.17 Modはx1.17髪追加途中と呼びます。

もともとインストールされている方のx1.17Race Modは、Deactivateし、
x1.17髪追加途中Activateします。

ObMMを終了します。

以上で「作業用Modファイルのx1.17Race Mod」のインストール作業は終了です。


次の作業に移ります。
インストールした作業用Modファイルを使って、髪形をゲーム内で使用可能にします。
 作業にはCSを使います。

CSを起動します。
起動したら、左上のFileからDataを選択します。
x117addHair_01.jpg


Dataウィンドウが表示されたら、x117race.espを選択し、Set as Active File
をクリックします。
x117addHair2_04.jpg

x117race.espの左側ボックスにチェックが入り、
Statusの部分がActive Fileとなります。
x117addHair2_05.jpg

OKを押します。


--注釈--
この操作には、x117race.espを編集するという意味があります。
このx117race.espファイルの中には色々な設定情報が入っており、
その中には種族の髪型に関する設定も含まれています。
これを書き換え可能にするための操作と思って下さい。
---------


CSがx1.17Race Modのデータを読み込みます。少し時間が掛かります。

CSがデータを読み込み終わったら、次はCharacterからHairを選択します。
x117addHair_03.jpg

Hairウィンドウが表示されます。
ここで、x1.17Race Modで追加される種族用の、髪型の設定を作ります。
Hairウィンドウの中で、右クリックをします。
メニューが現れるので、Newをクリックして下さい。
x117addHair2_06.jpg


クリックするとIDの入力を求められます。
IDは、重複しない管理番号のようなものです。既存のものと重複していなければ
好きに付けて構いません。
例ではx117PrttyCure001としました。IDを入力したらOKを押します。
x117addHair2_07.jpg


ID順で並んでいるようなので、入力したら探します。


次にNameを入力します。これはゲーム内で実際に使われる名前です。
x117addHair2_08.jpg

重複していても構いません。
例ではPr-ttyCure01 PonyTailと入力しました。

また、チェックボックスにもチェックを入れます。
Playable
  プレイヤーキャラの髪型として使うなら、チェックを入れます。

Fixed Color
  (ちょっと判りません。後日調べてみます。)

Can Be Male
  男性キャラで使えるようにするなら、チェックを入れます。

Can Be Fmale
  女性キャラで使えるようにするなら、チェックを入れます。

下記の画像のようなチェックで大丈夫でしょう。
x117addHair2_09.jpg


次にメッシュファイルとテクスチャファイルを設定します。
ボタンを押して、ファイルを選択します。
メッシュファイルには1.17倍したメッシュファイルを指定します。

 ┗Meshes
  ┗characters
   ┗x117
    ┗Pr-ttyCure
     ┗001_Ponytail.nif ←このファイルです。

テクスチャファイルには、RenHair01.ddsを指定します。
他の_が付いたファイルは、ファイル名で関連付けがされているようです。

 ┗Textures
  ┗characters
   ┗x117
    ┗Ren
     ┗RenHair01.dds ←このファイルです。

これで、髪型のメッシュファイルの設定と、テクスチャの設定がされました。
x1.17Race用の髪型としてPr-ttyCure01 PonyTailが作られた状態です。
x117addHair2_11.jpg


次に、この作られた髪形を、使う設定をします。

Hairウィンドウをそのままにしておき、CharacterからRaceを選択します。
x117addHair2_12.jpg


Raceウィンドウが表示されます。
左上の上から3つが、それぞれx1.17Race Modで追加される種族です。
・117Beast  Kunne
・117Human  Mitzha
・117RenMElf Archaic Elf
x117addHair2_13.jpg


Mitzhaにx1.17用のPr-ttyCure01 PonyTailを追加してみます。
Raceウィンドウの左側の枠内でMitzhaを選択し、真ん中でBody Dataを選択します。
Hairウィンドウからx117PrttyCure001(ID名)をドラッグして、
RaceウィンドウHair枠にドロップします。
x117addHair2_15.jpg



これで種族に対して、髪型が追加されます。
x117addHair2_16.jpg

Raceウィンドウ、HairウィンドウをOKボタンを押して閉じます。

Fileから、Saveを選択して、変更内容をx117race.espに上書きします。
x117addHair2_17.jpg


--注釈--
複数の髪型を、複数の種族に追加する場合は、ドラッグ&ドロップの部分を
複数回行います。
--------


以上で、CSでの作業は終了です。


次の作業に移ります。

ゲーム内で正常に反映されているのを確認したら、
 変更した内容をカスタムModとして纏めておきます。
 この作業は、忘れがちですが結構重要です。


ゲームを起動して、適当なセーブデータかNewGameを始めます。
下水から出る直前のデータがあれば都合が良いです。
コンソールからshowracemenu でも良いです。

Mitzha種族に、Pr-ttyCure01 PonyTailが追加されていることを確認しましょう。
確認出来たら、一度ゲームを終了します。


次にOblivionのインストールフォルダを開きます。
例の作業の場合は
E:\Program Files\Bethesda Softworks\Oblivion\Data
です。
このフォルダの中に、先ほどCSで内容を書き換えたx117race.espがあります。
このespファイル作業用ModファイルDataフォルダにコピーします。

x117addHair2_19.jpg

E:
┗Program Files
 ┗Bethesda Softworks
  ┗Oblivion
   ┗Data
    ┗x117race.esp ←このファイルを


x117addHair2_20.jpg


E:
┗x117race021
 ┗Data
  ┗   ←ここにコピー。

同名ファイルが存在しますが、上書きして大丈夫です。

上書きしてしまうのが不安であれば元々あった方の名前を変えて保存して下さい。
その場合はDataフォルダより上のフォルダに置いておきましょう。
x117addHair2_22.jpg


これで、
E:ドライブにあるx117race021は髪型が追加されたx1.17Race Modとなります。
フォルダ名を変えるなどして、しっかり管理しましょう。
x117addHair2_21.jpg


次の仕上げに進みます。


ここまでの作業で、
今Oblivionにインストールされているx1.17Race Modは髪型を追加したものです。
しかし、ObMMで管理されているx1.17Race Modは、
1.17倍したメッシュファイルを持っているだけの作業途中の状態のModです。
x1.17髪追加途中 と呼んだ時の状態です。

ObMMの動作に関わる話なのですが、Create OmodでOmod化した時に、
その時点でのModファイル一式をOmodとしてObMMが管理します。

ObMMはこのOmodを、ActivateDeactivate時にOblivionのDataフォルダ内に
展開したり、また削除したりします。

つまり、今Dataフォルダ内にあるx117race.esp は髪型を追加したもの
ObMMが管理しているOmod内のx117race.esp は髪型を追加する前のもの
と言う事になっています。

この状態のままで、ObMMでx1.17Race ModをDeactivateすると、
髪型を追加したx117race.espObMMによって削除されます。

そのあとActivateしても、作業前のx117race.espに戻るだけです。


そこで、x1.17Race ModをObMMを使ってもう一度インストールします。
ここでインストールするのは、先の作業でまとめた、髪型が追加されたx1.17Race Modです。
髪型を追加したx1.17Race ModをOmod化したら、それ以前のx1.17Race Modは
Deactivateした後、Deleteしましょう。


--弁解--
アプリケーションの使い方を自分で調べましょうと言って置いて、
私も全てを把握出来ていなかったりします。偉そうな事書いててすみません。
--------


次です。
元のMod製作者様に感謝をします。
 これはとても大事です。


巷に出回っている数々のModですが、その殆ど全てと言っていいほどのものは、
Oblivionが好きな一般ユーザが、時間を掛けて作ってくれたものです。
中には開発に何ヶ月も掛かるようなModもあります。
それらを無償で配布している事、使って遊ばせて貰える事に感謝しましょう。

今回の髪型追加に関して、x1.17Race(x117Race) Modの改変という形で進めてきましたが、
このModもuzkさんと言う方が作成されたModです。
また、例で用いたPr-ttyCure01 PonyTailも誰かが作ったデータです。
(ちゃんと調べなくてすみません・・・。)

先人たちの努力に感謝しましょう。
有り難う御座います。






後片付け。
作業をするにあたり、デスクトップやEドライブにファイルを作成しました。
要、不要を判断して、要らないものはこまめに削除しましょう。



では良き、おぶりびょんライフを。(*´ω`*)ノシ
〆挨拶.jpg









おまけ。
おまけ.jpg



コメントの投稿

Secre

ひとり言、お知らせなど。
Mod製作者を目指した頃の思い出です。(*´ω`)

稀に何かしらの要因で気がついて、時々戻って来たりします。
プロフィール

Ringo

Author:Ringo
x1.17raceが好きな人です。
Ringoはキャラ名でもあり、大好きな果物です。果物が好きでキャラ名に良く使用しています。

Modderとして名乗る時に改名しようかとか考えていました。が、その事をつい忘れて各種ReadmeにRingoって書いてしまいました。なので、とりあえずこのままにしておきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。